【テニスのコツ骨】ゆるテニス№625(テーマは、ほぼ何もしないの第1弾:相手のボールが速い時のバックボレーは何もしない方が良い)




【テニスのコツ骨】ゆるテニス№625(テーマは、ほぼ何もしないの第1弾:相手のボールが速い時のバックボレーは何もしない方が良い)

前衛のネットプレーで相手のストロークやリターンが速ければ速いほど特にバックボレーは何もスイングしない方がミスが少なくなり、ポーチボレーはカウンターパンチで決めることが出来ます。
どんな時もバックボレーぎみで段取りしておくと、正面に来たボールは、殆ど何もせずに良い面のセットと左手のサポートとインパクトで左手からラケットを放すだけのスイングで、サービスライン付近に返球できるのです。
ほぼ何もスイングしないバックボレーのコツをマスターして、死角の無いネットプレーヤ―になれたら素晴らしい。

関連記事

  1. 神気解放「Lコヨミ」ジャスト出しまくりでボレーエリアからスピンも打つ!…

  2. #ハーフボレーのお手本【春季ロイヤルSC2024/F】小林良徳(立教大…

  3. 【バウンドテニス】ミラクルBOSSのノールックボレー

  4. 杉村太蔵のテニスが上手い! #テニス #杉村太蔵 #サーブ #ボレー …

  5. 【テニス/tennis】ナイスショット集392/フォアボレー/高橋選手…

  6. 【凄いボレー】え?こんなにミスしないの?!

  7. 【触り方が全て】究極のボレー打ち分けテクニック!!【これは騙される】

  8. 試合で使える勝つ為のショートレッスン・ボレー対ストローク近距離練習法・…