【テニスのコツ骨】ゆるテニス№660(荒・有・テニス塾の第11弾はボレー&ストロークの戦術:ダブルスのデュースコートでボレー対ストロークラリーを行い最後に決めるコツ)




【テニスのコツ骨】ゆるテニス№660(荒・有・テニス塾の第11弾はボレー&ストロークの戦術:ダブルスのデュースコートでボレー対ストロークラリーを行い最後に決めるコツ)

ダブルスのデュースコートでボレー側がサービスライン付近からクロス方向にボレーを行い、段々相手を動かすコースに出来れば深い箇所にスライスボールを送り込み、少しづつ前に詰めて、最後は空いているコース(ショートクロスかセンター)にボレーで決めるコツをお伝えします。
ボレーでもストロークでも必ず意味の有るボールを打って、相手の小さな穴を大きくしておいて、最後に余裕を持って空いたコースにとどめを指せたらダブルスでもこの動画のように1対1でもポイントを貰えるのです。
ボレーの時でも必ず1本打てば最低1歩前に詰める癖を養っておくと、無意識に出来て決める事が出来れば素晴らしい。
アングルボレーも高い位置からネット際に決めていますが、これが意外とサイドアウトしそうで難しいので、この絶妙の飛ばさない感覚と、バックボレーの逆クロスのアングルドロップボレーの柔らかい感覚がないと難しいですが、こんな練習を2人でするとダブルスが強くなります。

関連記事

  1. 【テニス/tennis】ナイスショット集313/サービス&ボ…

  2. 近距離壁打ちボレー #tennis #shorts

  3. ハエ叩きの如くボレーもフルスイングwww

  4. #サーブ&ボレー【早慶戦2024/S4】菅谷優作(慶大) #…

  5. ボレーが芯に当たらない人に向けた注意点3選

  6. 動画撮影114 ボレーストローク #窪田テニス #八尋テニス

  7. フォアボレー〜上手くボレーが打てない方〜 #テニス #テニス上達 #テ…

  8. テニスバックボレーの改善方法を発見、動画で解説します。