【テニスのコツ骨】ゆるテニス№753(テーマはニック・キリオス選手から学ぶ第2弾:ワシントン大会で優勝したキリオス選手からフォアーハンドストロークを学ぶ)




【テニスのコツ骨】ゆるテニス№753(テーマはニック・キリオス選手から学ぶ第2弾:ワシントン大会で優勝したキリオス選手からフォアーハンドストロークを学ぶ)

前回に続いて、ワシントン大会で優勝したニック・キリオス選手から今回はフォアーハンドストロークを学びましょう。
特徴を一言で言えば『ラケットは引かず、肘を引く!』
ボールが弾むまではラケットを小さく面を下に向けておいて、弾むと同時に右肘を引いて脇を後ろに開けてロッキングポジションで段取りして、それから手首を柔らかくして手首中心のしなりマッハ・ワイバースイングでボールにえげつないトップスピンをかけて縦横無尽に(特に逆クロスに)送り込む。
そして、仕上げにドロップショットでポイントを取って、逆襲されたら又抜きショットで返球してしまう。
またサービスも痛いようなサーブでエースを取り、そうかと思えばアンダーサーブでエースを取る時も有り、見ていてとても面白く、何をするかが予想が出来ないのでプレーが飽きない。
肘を引いて小さく段取りをして、思いっきりボールをシバキながら打ちたい選手にはお勧めのフォアーハンドストロークですが、打点が遅れてテニスエルボーにならないようにしましょう。

関連記事

  1. 【テニス】【太もも痩せ】【家トレ◇ストローク用】軸足にググッと乗れる感…

  2. フォアハンドストローク~初動外旋と初動内旋の動きの違い

  3. 【テニス】ストロークがスピードアップするスイングのコツ!#shorts…

  4. 【テニス】相手のコートにバウンドしてからが違う!相手が差し込まれるスト…

  5. 【4スタンス研究】テニス フォアハンドストローク セミオープンスタンス…

  6. 調節が超絶大事!バックハンドストローク #sports #tennis…

  7. 脱力ストロークの方法1〜体の使い方編〜

  8. 【テニス】あえて体幹を使わない事で、良いショットが打てる!!【菅尾アス…