サーブ側とレシーブ側のダブルス前衛ポジションを解説します。ステップアップ間違いなし。




サーブ側とレシーブ側のダブルス前衛ポジションを解説します。ステップアップ間違いなし。

レッスンを受けていても、よく分からない方が多いと思います。
前衛ポジションと言っても、サーブ側(攻撃側)とレシーブ側(守備側)を分けて考える事で、
習得しやすくなりますので、何回も見て、日々の練習に落とし込んでください。

ダブルスは、前衛の習得度で、強さが明確に異なってきますので、めちゃくちゃ重要でありながら、何となく試合に出ている方が多いのも実情です。

自分が前衛のポジショニングを覚えだすと、相手のレベルも測れるように変化しますので、
ダブルスが今よりもっと楽しくなってきます。

是非、戦績アップの吉報をお待ちしております!

関連記事

  1. サーブを極めると相手を弾き飛ばせるようです…松井俊英(元日本2位)vs…

  2. 【テニス】賞金付きDIADORA CUP 決勝!早すぎる決着…笑 【デ…

  3. 【e-tennis】ひとり言ー遠藤修ー 「勝てちゃうぞ!ダブルス」全国…

  4. 女子ダブルス vs 女子大学生

  5. 二人の間へボレー #テニス #テニス上達 #ダブルス #ソフトテニス

  6. 【浜松/テニス】ついにきた!KとRが試合で激突!!勝つのはどっちだ!?…

  7. 【Fukky’sインプレ】(衝撃的展開!)モッチー&フッキ…

  8. 【テニス/交流戦】女子ダブルスも熱い!!【DTC】vs【グリペパ】第8…