【テニスのコツ骨】ゆるテニス№647(テーマは最も解り易いフォアーハンドストローク:シンプルで歩く運動と垂直面を意識した最も解り易いフォアーハンドストロークのコツ)




【テニスのコツ骨】ゆるテニス№647(テーマは最も解り易いフォアーハンドストローク:シンプルで歩く運動と垂直面を意識した最も解り易いフォアーハンドストロークのコツ)

今回は、初心に戻って、自分の普段の歩く運動(足の運動と腕の運動)を参考にしながら、シンプルで誰にでも最も解り易くて、誰にでも出来そうで、垂直なラケット面を最初から最後までずっと保持する感覚だけで、とても安定して打てるフォアーハンドストロークのコツをレッスンを通じて丁寧にお伝えします。
利き腕(右手と右腕)はラケットと共に一塊にして、手首と肘は少し曲げた状態を保持して、ラケット面が常に垂直な面を意識出来れば、体幹の横向きから前向きに開放するだけで、腕は殆ど何もしない感覚のフォアーハンドストロークで生まれたら素晴らしい。

関連記事

  1. 武田コーチのストローク解説/軸を意識しよう!

  2. キッズテニス【ミスターパーフェクト】シングルス9点出し

  3. 【テニス】意外と見落しがち!ストロークが超安定するスピードのポイント!…

  4. 【初心者必見】空振りを減らすストロークの改善講座

  5. 【ソフトテニス】ストロークの打点が安定するワンタッチストローク #sh…

  6. 【テニスのコツ骨】ゆるテニス№1091(テーマはフォアーハンドストロー…

  7. 【テニス 知識】疲れた時に観て欲しい!練習したくない時の対策を解説しま…

  8. 【軽く小さく振って鋭く飛ぶスライスに!】テニス 準備の高さとインパクト…